補充が必要な時とは?

ヒアルロン酸はお肌の保湿成分として有名ですが、ヒアルロン酸の働きは美容に限ったことではありません。ヒアルロン酸は、体の機能を円滑に保つのに欠かせない成分なのです。ここでは、ヒアルロン酸の美容以外での役割や、どんなときに補充が必要かについてお話します。

ヒアルロン酸は、お肌の細胞間以外にも、眼球や関節部分にも存在しています。眼球の硝子体は99%が水分であるといわれていますが、この水分を保持し、形を保つのに一役買っているのがヒアルロン酸。眼球のヒアルロン酸はドライアイや疲労、老眼にも関係があるともいわれています。それを緩和するため、ヒアルロン酸が含まれた点眼薬が使われることもあります。

さらに、関節内のヒアルロン酸は関節が円滑に動くよう助け、軟骨の摩耗を予防します。年齢が上がるにつれて関節内のヒアルロン酸が減少し、軟骨が削られて痛みが出ることがあります。そんなとき、ヒアルロン酸注射が行われます。ヒアルロン酸は粘度があるため、注射針が太めで痛いですが、ヒアルロン酸注射をしたあとは関節痛が和らぐことがあります。

まとめると、ヒアルロン酸は美容以外にも目の健康、関節の健康を保つのに欠かせない成分です。目の渇きや疲れ、関節の痛みが出てきたら、ヒアルロン酸が不足しているのかもしれません。そのようなときには、ヒアルロン酸の補充を検討しましょう。

ヒアルロン酸サプリ

美容目的で使われることの多いヒアルロン酸。ヒアルロン酸には高い保水力があるため、お肌を乾燥から守るために利用されます。ヒアルロン酸はもともと体内で合成される成分でもあるのですが、年齢が上がるにつれてその量は減少してしまいます。そこで、減少するヒアルロン酸を補おうと、体内に摂りいれるためのヒアルロン酸サプリが出回っています。ところで、ヒアルロン酸サプリは本当に効果があるのでしょうか?

結論から言えば、ヒアルロン酸をそのまま摂取しても効き目は期待できない、ということです。なぜなら、ヒアルロン酸は分子量が大きいため、腸の壁から吸収できないからです。腸から吸収されるようにするには、低分子化されたヒアルロン酸を摂取する必要があるでしょう。よって、ヒアルロン酸サプリを選ぶときには、低分子化されているかチェックしましょう。低分子化されたヒアルロン酸は、ナノ化ヒアルロン酸とも呼ばれます。

さらに、お肌のもちもち度を保ちたいのであれば、ヒアルロン酸だけでなくコラーゲンやビタミン類もきちんと摂取する必要があります。そもそも、ヒアルロン酸はもともと体内で合成されるものなので、体内のヒアルロン酸を増やす一番理想的な方法は、体が本来持っているそのような機能がきちんと働くようにすること。そのためにも、体に必要な栄養素はバランスよく摂取したいものです。

外部リンク 「低分子ヒアルロン酸情報 お肌の駆けコミ寺」