Pocket

美容成分として有名なヒアルロン酸ですが、いったいどのような特徴や役割があるのでしょうか?ヒアルロン酸の特徴や役割について知っていれば、より効果的にその性質を生かすことができます。ここでは、ヒアルロン酸について理解を深めてみましょう。

ヒアルロン酸は、もともと体内にも存在している成分です。ムコ多糖の一種で、ヌルヌルとしたゲル状の形で存在し、舐めると甘い味がします。ヒアルロン酸は水分を蓄える能力に優れており、なんとヒアルロン酸1gあたり6リットルもの水を保持できるとされています。その性質を生かし、ヒアルロン酸は保湿力を高めるために利用されます。では、ヒアルロン酸は体内でどのように存在しているのでしょうか?ヒアルロン酸は、真皮のコラーゲンやエラスチンなどの隙間に存在して水分を保持し、クッションのような役目を果たしています。このヒアルロン酸のおかげで肌は水分を保持することができ、ハリのあるプルプルの状態を保つことができるのです。

ところが、ヒアルロン酸は年齢を重ねるにつれて減少してゆきます。30代まではそれほど減らないものの、40代後半に差し掛かると急激に減少し始め、60歳になると20代のころの半分に減ってしまうということが分かっています。ヒアルロン酸が減少したお肌は、水分を保持できないためにハリやツヤが落ち、お肌トラブルの原因にもなってしまいます。

若々しいお肌を保つためには、ヒアルロン酸を補充してあげることが大切です。ヒアルロン酸はサプリメントや化粧品で補うことが可能。さっそくヒアルロン酸でのケアを始めてみることをおすすめします。

ヒアルロン酸の役割
Pocket