Pocket

ヒアルロン酸はお肌の保湿成分として有名ですが、ヒアルロン酸の働きは美容に限ったことではありません。ヒアルロン酸は、体の機能を円滑に保つのに欠かせない成分なのです。ここでは、ヒアルロン酸の美容以外での役割や、どんなときに補充が必要かについてお話します。

ヒアルロン酸は、お肌の細胞間以外にも、眼球や関節部分にも存在しています。眼球の硝子体は99%が水分であるといわれていますが、この水分を保持し、形を保つのに一役買っているのがヒアルロン酸。眼球のヒアルロン酸はドライアイや疲労、老眼にも関係があるともいわれています。それを緩和するため、ヒアルロン酸が含まれた点眼薬が使われることもあります。

さらに、関節内のヒアルロン酸は関節が円滑に動くよう助け、軟骨の摩耗を予防します。年齢が上がるにつれて関節内のヒアルロン酸が減少し、軟骨が削られて痛みが出ることがあります。そんなとき、ヒアルロン酸注射が行われます。ヒアルロン酸は粘度があるため、注射針が太めで痛いですが、ヒアルロン酸注射をしたあとは関節痛が和らぐことがあります。

まとめると、ヒアルロン酸は美容以外にも目の健康、関節の健康を保つのに欠かせない成分です。目の渇きや疲れ、関節の痛みが出てきたら、ヒアルロン酸が不足しているのかもしれません。そのようなときには、ヒアルロン酸の補充を検討しましょう。

補充が必要な時とは?
Pocket