ヒアルロン酸化粧品

お肌の保湿成分として有名なヒアルロン酸。しっとりタイプの化粧水や乳液、美容液には、ヒアルロン酸が配合されていることがほとんどです。ここでは、化粧品に含まれるヒアルロン酸の特徴や、ヒアルロン酸配合の化粧品の選び方などについて考えます。

化粧品の成分として使用されているヒアルロン酸は、一般にヒアルロン酸ナトリウムを指します。ヒアルロン酸ナトリウムの分子量は100万以上なので、肌に浸透させるには大きすぎます。そのため、化粧品に配合されるヒアルロン酸の役割は、肌の外側表面に水分を保たせ保湿することです。

ヒアルロン酸は保水力が大変高く、たった1gで6リットルの水を保持できます。その保水力は外気の湿度が低くても変わりません。ですから、ヒアルロン酸が含まれた化粧品を使うことで、肌に薄い水分の膜を作ることができ、肌を保護することができるのです。

ここまででヒアルロン酸ナトリウムについて考えましたが、もっと分子量の低いヒアルロン酸があります。それはアセチル化ヒアルロン酸、そして加水分解ヒアルロン酸です。アセチル化ヒアルロン酸は分子量が1万~10万と細かく、角質層に馴染みやすいのが特徴です。加水分解ヒアルロン酸は分子量がさらに細かく、1万以下。そのため、角質層にしっかりと浸透させることができます。

お肌そのものをしっとりとさせたいなら、加水分解ヒアルロン酸配合の化粧品がおすすめです。ヒアルロン酸化粧品は、用途に合わせて使い分けましょう。

ヒアルロン酸の役割

美容成分として有名なヒアルロン酸ですが、いったいどのような特徴や役割があるのでしょうか?ヒアルロン酸の特徴や役割について知っていれば、より効果的にその性質を生かすことができます。ここでは、ヒアルロン酸について理解を深めてみましょう。

ヒアルロン酸は、もともと体内にも存在している成分です。ムコ多糖の一種で、ヌルヌルとしたゲル状の形で存在し、舐めると甘い味がします。ヒアルロン酸は水分を蓄える能力に優れており、なんとヒアルロン酸1gあたり6リットルもの水を保持できるとされています。その性質を生かし、ヒアルロン酸は保湿力を高めるために利用されます。では、ヒアルロン酸は体内でどのように存在しているのでしょうか?ヒアルロン酸は、真皮のコラーゲンやエラスチンなどの隙間に存在して水分を保持し、クッションのような役目を果たしています。このヒアルロン酸のおかげで肌は水分を保持することができ、ハリのあるプルプルの状態を保つことができるのです。

ところが、ヒアルロン酸は年齢を重ねるにつれて減少してゆきます。30代まではそれほど減らないものの、40代後半に差し掛かると急激に減少し始め、60歳になると20代のころの半分に減ってしまうということが分かっています。ヒアルロン酸が減少したお肌は、水分を保持できないためにハリやツヤが落ち、お肌トラブルの原因にもなってしまいます。

若々しいお肌を保つためには、ヒアルロン酸を補充してあげることが大切です。ヒアルロン酸はサプリメントや化粧品で補うことが可能。さっそくヒアルロン酸でのケアを始めてみることをおすすめします。